仕事と家族と日々の生活と

【桜🌸が咲きました】なぜ綺麗なんでしょうかね?🤔

歳を重ねるたびその美しさに感動します

桜について書きます

桜を見て感じたこと

皆さま、こんにちは。

今日は投資情報ではありません。けどどうしてもお伝えしたいことがありパソコンに向かいました。それは、

「桜🌸」についてです。

春は新たらしい生活を迎える季節。新入学や新社会人への出発の門出を祝う時期に(関東地方では)満開を迎える桜は見ていて本当に感動いたします。

ですが、僕は以前、人づてに聞いた言葉が忘れられず。桜を見るたびに思い出します。それはこんなことでした。

桜は開花前に「カルシウム」を多く吸収する

桜は古(いにしえ)の戦場で、争いに敗れた強者の屍から染み出したカルシウムを吸収すると綺麗に咲くのだと。なので千鳥ヶ淵、靖国神社に植えられているのとも聞きました。

だから桜とは、

「鎮魂の花」

だとその人は言ってましたね。

そう考えると桜(ソメイヨシノ)の花言葉「精神愛」と同じく、花が咲いているとの現象を越えて僕らのメンタリティに訴えかけるものがあると感じます。

冬をじっと耐えパッと咲き潔く散る

その散り際がいい。僕は人生そうありたい、そう生きたいと感じています。

台風の倒木にあって幹だけ残った自宅近くの桜です。今年もまた咲きました。

親鸞聖人の言葉

もう一つだけ、

この春は「夜桜」の発見もありました。

この夜桜の写真を見るとこの言葉が思い浮かびます。

「明日ありと思う心の仇桜、夜半(よわ)に風の吹かぬものかは」

親鸞聖人の言葉です。

桜が咲いて綺麗だけど、夜中に風が吹けば散ってしまう。だから油断するなと感じるか、それとも美しい桜も風が吹けばあっけなく散ってしまう「世の無常」ととるか。それは読んだ人の自由で良いのではないでしょうか。

人生の門出を祝う桜を通じこれだけのことが考えられました。

冒頭の写真のキャピション同様、僕は桜が美しいとの感動が歳を重ねるごとに増しています。

そして、残り時間が少なくなるなぁ、あと何回桜が咲くのを見れるのかなぁとも。

そして桜を通して様々な言葉を思い浮かべる。物事を深く考える。するといっそう桜が綺麗に感じる。

そんなことを思うと、何がなくても歳を重ねるごとに「桜がキレイ」と感じれれば「人生成功」じゃないかと思いましたね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた。

ABOUT ME
ハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)
皆さんこんにちは。僕はハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)です。このサイトは『健康』『お金』『暮らし』の情報発信をと思って立ち上げました。今後は『蓮沼五朗 ビジネス』として企業紹介や商品プロモやマーケティングなどにもトライ!そんなサイトにしていきます。 みなさまお気軽にお声がけください!