仕事と家族と日々の生活と

【今日は曇り空】自分の心を書くことで気づく。

皆さん、こんばんは。

ブログの冒頭のこのご挨拶が定着しつつあり、特に書くことがなくても書こうという前提でものごとを考えると、深くなるんですよね。

そんか感じが結構好きで。

そうであれば思うがままに心の有り様を言葉にするのはどうかなと、

しかし、今朝のツイートで、文字を並べれば文章になると言った手前、

思うがままにと言っても、文章にせねば、

と思って書き始めました。

今日は本当に有益なことは書けないなと。それに途中かなりダークな箇所が出てきそうです。それでもよければ、少しの時間お付き合いください。

それでは始めますね。

昨日書いた「それでも家を買ました」のブログが好評でコメントもいくつか頂きました。どうもありがとうございます。

【週刊ゴロー通信 2022/4/27号】それでも家を買いました。 家をテーマに記事を書きたいと思っており 皆さん、こんばんは。 今回のテーマは「それでも家を買いました」です。このタ...

ただ一つだけ正直に書けなかったことがありました。

お酒を辞めたくだりです。

途中まで正直に書いていたのですが、軽いタッチに書き直しました。

しかし、お金こそ得てないものの、自分の書いたものを世間へ発信している以上、書くことへの責任は負わねばならず、自分の想いを文章にしようと考えたのです。

僕のお酒を辞めた理由には「父親の死」が深く影響しています。

父親がお酒が大好きでした。

戦中〜戦後の混乱期に育ち、かつ極貧だったらしく義務教育も満足に受けられなかったとのこと。

中学生レベルの読み書きが満足にできない人でした。

なのでもっぱらの楽しみは「お酒」。

僕は幼少期から大人になるまで「シラフ」の父を見たことがなかったのです。

そして「職人」であった父は酔っ払うといつも口癖のように。

悔しかったら俺並みに稼いでみろ!

勉強なんで出来なくたってお前らを喰わしているんだ!

と僕ら子供たちに言ってました。

普段は大人しく無口な人でしたが、、

僕はそんな父を「軽蔑」してました。しかし、早く大人になって「早くコイツに追いつくんだ!」「働いたら勉強しなくていいんだろ!」「酒飲んでもいいんだろ!」との想いを心にひめ、

そして「大人になるとはそういうことなんだろ」と思ってました。

案の定、高校生の頃からお酒を飲み始め、20代後半には立派な「大酒飲み」。それが原因の失敗も多々あり、また30歳の時には精神を病んだこともあります。お酒だけがその原因ではなかったのですが、大いに影響しているとのことでした。

それでもお酒がやめられず。

40の声を聞く頃には酩酊すると「断片的な記憶」しか残らなくなります。

そして水に流せないことを何度もやらかしました。

その度に悩みは深くなり。もう会社でも住んでいる地域でもやっていけなくなるんじゃないか?と思い始めた、

その時に「父」は他界しました。

晩年はお酒が原因で「心筋梗塞」「脳梗塞」の入退院を繰り返し、好きなお酒もドクターに止められ、それでも酒が飲みたい飲みたいと呪文のように唱えながら、苦しんで苦しんで死んでいったように僕の目には映りました。

母が外出中に亡くなったので、父の死は「変死」。

死の直後に、警察の検視があり、父は遺体収納用の袋に入れられ住み慣れた家を後にします。僕は警察官がその袋のファスナーを締める際に心に誓いました。

俺はコイツとは違う、違う生きかたをしてやると。

なのでお酒をきれいさっぱり止め、今までのお酒での繋がりを断ち、新しい自分を作るのだと思い立ったのです。

そこからも苦しむことは多々ありました。

僕自身はお酒を辞めてよかったと思っています。

けど父とは「いい思い出」があります。

亡くなる2年前、母が故障した膝の手術のため入院をしました。その時にブログで書いた「ボロ屋」で3ヶ月ほど一緒に暮らしたのです。

父と僕と妻と犬4匹と。

その時はまだ僕もお酒を飲んでいたので、ほぼ毎晩二人で酒を酌み交わしてました。

それでも妻がいるせいか父にはいつもと違う緊張感があったようで、昼間からお酒を飲むようなことはせず、家でリハビリ体操をしたり、どこいったんだろう?と思うくらい長時間散歩に出たり、近所の農家さんと仲良くなり「大きな大根」をもらってきたり、楽しそうに過ごしてました。

それを思い出すと最後に親孝行のチャンスに恵まれてよかったなと。そして「コイツとは違う」のとの想いが薄らぐのを感じます。

それでも僕の父親への想いは複雑です。

しかし、想いの全てを文字にしたいまを持って、父を許そうと思いました。

これからの時間でその想いが変わるかも知れません。でもそれでもいいでしょう。

やはり人間は今を生きるののだから。自分の心も許しましょう。

今日の昼にツイートした通りになりました。

雨や曇りがあるから晴れがありがたいのではなく、晴れの日も曇りの日も土砂降りの日も僕は楽しみたいと思っています。

グレーな心で過ごした今日の最後に、思いに任せて書いた文章は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた。

ABOUT ME
ハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)
皆さんこんにちは。僕はハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)です。このサイトは『健康』『お金』『暮らし』の情報発信をと思って立ち上げました。今後は『蓮沼五朗 ビジネス』として企業紹介や商品プロモやマーケティングなどにもトライ!そんなサイトにしていきます。 みなさまお気軽にお声がけください!