仕事と家族と日々の生活と

【尽きぬ物欲、達観できず】やっぱりカメラが欲しい。

写真で「百聞は一見にしかず」を表現する

皆さん、こんばんは。

最近、ブログをもっと充実させたいと考えており、そのためにどうすればいいか?

巧みな文章術を身につけることはもちろん必要です。それに追加して「写真」も充実させられないかと。

「百聞は一見にしかず」

と古くからの言い伝えがあるように、言葉の表現と合わせて画像の表現も加われば「鬼に金棒」でしょう。

しかし、どんなカメラを選んで良いやら、予算の都合もあるしなぁ。夏にスズメが「えんえん😭」泣いてくれないと買えなそうだし〜と、

ただ今、ガチに「悩み中」。

でも、買うか買わぬか思案中、あれやこれや「妄想」してる時が、一番楽しかったりするんですよね。

第一希望はSony α7cです。

それで第一希望の機種はSony α7cです。

しかし、ズームレンズキットが¥318,800(Amazon価格 2022年5月15日現在)とは、

いいお値段!✨

「夏のスズメの涙(ボーナスのことよ)」だけでは多分無理。なので蓄えを少し取り崩すかぁ〜。

自己投資する以上、それに見合う得るものがないとダメですね。

ワンランク下の機種でも充分かな。

予算によっては買えずに終わるか、もう少し考えます。

写真に取り組みたいもう一つのワケ

ユージン・スミスさんの「水俣病の少女」

もう一つ僕にはカメラに取り組みたいワケがあり。

今をさかのぼること22年前、2000年の春に地元県の大手百貨店で開催された「ロバートキャパ展」へ出かけました。

そこで見た「水俣病の少女」の写真に衝撃を受け、展示物の前で動けなくなりました。展示会の写真集を買って帰ったのですが、ご家族の意向により掲載されていませんでした。

最近になってこの写真を撮ったのは「ユージン・スミスさん」だと分かります。そして、去年映画化されたことを知りました。

僕がこれから「写真」に取り組んでも、とてもプロのレベルにまでは追い付かないでしょう。

けど、一瞬を切り取る「写真」とイメージを際立たせる「言葉」を加えることができれば、冒頭で申し上げた通り「鬼に金棒」ではないかと。

最近ではこんな本も買いました。

ますます深まるカメラへの思い。

尽きぬ物欲、達観できず。

もうしばらく、カメラを手にした自分が、いい写真を撮る「妄想」をします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。

ABOUT ME
ハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)
皆さんこんにちは。僕はハスヌマ ゴロー(蓮沼 五朗)です。このサイトは『健康』『お金』『暮らし』の情報発信をと思って立ち上げました。今後は『蓮沼五朗 ビジネス』として企業紹介や商品プロモやマーケティングなどにもトライ!そんなサイトにしていきます。 みなさまお気軽にお声がけください!